2017/05/19

「5、6、7月に何を着ますか?」 6月の単衣の着こなし新提案

[お洒落着/石下結城縮(いしさげゆうきちぢみ)]
現代的なデザインの経たて絣がすり軽いしぼが肌に心地よい

170519_km_04.jpg 中南米の民族衣装からインスピレーションを得たという縮織りの紬です。よそゆき感がある色なので、ちょっとしたパーティの装いに。芭蕉布の九寸名古屋帯は涼しく、単衣の頃から使いたい夏帯です。 きもの地18万8000円/結城澤屋 帯/太田和 帯揚げ/衿秀 帯締め/渡敬


撮影/鍋島徳恭、モデル/春香 倉本康子、着付け/高橋惠子、ヘア&メイク/山本浩未、バッグスタイリスト/中山 薫〈KURASHINA Desk〉、きものコーディネイト・取材・文/両角明美



kimono_17ss_bnr.jpg
●『家庭画報』2017年5月号掲載。この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

この記事は全4ページです。

あわせて読みたい


四季島
テンピュール
この人に会いたい
山口遼ジュエリー連載
フィギュア愛
星野リゾート
和美人百貨店

「家庭画報」本誌

家庭画報イメージ

家庭画報
2017年10月号



食 Restaurant&Food 食の記事をジャンル×場所で探す

今森光彦傘
マイクロコンテンツ
家庭画報の旅
村田さん連載
家庭画報の贈りもの

家庭画報編集長 秋山和輝 on Twitter

プレゼント当選者発表
  
食の学校
  
家庭画報アカデミー
  
セブンアカデミー