2017/08/14

『きものSalon 2017-18秋冬号』林 真理子さんと行く奄美大島、箪笥のきもの120%活用術

秋冬のきものワードローブの新定番
知りたい、着たい 士乎路紬(しおじつむぎ)

170819_km_12.jpg 「士乎路」とは能登半島の昔の呼び名(別称)です。能登半島の入り口近くで生み出されたことから、士乎路紬と名づけられました。歴史はまだ40年ほどですが、結城紬のような真綿糸の温かさと着心地のよさで、きもの好きに大好評。今注目のお洒落紬です。 着る人/倉本康子 


ド・ローラ・節子のきもの暮らし
わが街の手しごとを訪ねて

170819_km_13.jpg スイスの人たちは、美しい自然を大切に守り暮らしています。たとえば、家の建築には屋根の傾斜や木造であることなど、細かな基準が決められていて見事な職人技を見ることができます。たくさんの手作りの技を通して、伝統が受け継がれているのです。画家であり作陶家でもある節子さんが暮らすロシニエール近郊の町の、今も手仕事を守り続ける職人さんを、紬に半幅帯の気軽な装いで訪ねました。


大好評企画第3弾 街で見かけた素敵人に聞きました
今日の装い、そのワケは?

170819_km_14.jpg きもの姿で集うさまざまな催しにお邪魔して、お洒落な皆さんの装いのコツを取材させていただく企画です。今回は新年2月から6月まで、袷と春単衣の季節です。



『きものSalon 017-18秋冬号』2017年8月19日(土)発売


170819_km_01.jpg

高野山公式ブランド「お守り石鹸&お清め水」付き TSUTAYA限定の特装版も発売!★
詳しくはこちら>>



h150_anazon_buy.jpg

この記事は全4ページです。

あわせて読みたい


四季島
テンピュール
この人に会いたい
山口遼ジュエリー連載
フィギュア愛
星野リゾート
和美人百貨店

「家庭画報」本誌

家庭画報イメージ

家庭画報
2017年10月号



食 Restaurant&Food 食の記事をジャンル×場所で探す

今森光彦傘
マイクロコンテンツ
家庭画報の旅
村田さん連載
家庭画報の贈りもの

家庭画報編集長 秋山和輝 on Twitter

プレゼント当選者発表
  
食の学校
  
家庭画報アカデミー
  
セブンアカデミー