2017/07/24

国立劇場「7月歌舞伎鑑賞教室」へ きものから日傘へのリメイクもご紹介

■Bettyokoのきもの日記 第33回
国立劇場7月歌舞伎鑑賞教室「一條大蔵譚」


国立劇場で上演中の7月歌舞伎鑑賞教室。

170724_km_01.jpg 冒頭に「歌舞伎のみかた」の解説がついた国立劇場の歌舞伎観賞教室は、解説を担当する役者さんによってさまざまな楽しい工夫がこらされ、チケット代も良心的。 学生さんだけに観させておくにはもったいない、おすすめの公演です。

170724_km_02.jpg

提供/国立劇場


今回の公演は「一條大蔵譚」。坂東亀蔵さんの解説で事前に登場人物の人間関係が頭に入っているので、お芝居がよりわかりやすく楽しめます。幕が開き、舞台中央の門から駆け出してきたのは尾上菊之助さん演じる一條大蔵卿。知的でクールな印象の強い菊之助さんが、狂言や舞にうつつを抜かし、“阿呆さま”と呼ばれるお公家さんの無邪気な姿になりきっていて、いつもとのギャップに驚かされました。 実はお芝居をしているのは菊之助さんだけはありません。物語の中の一條大蔵卿もまた、平家全盛の時代に源氏に心を寄せていることを隠すため、阿呆のふりをしているのです。 物語は、大蔵卿の屋敷に探索に訪れた源氏方の鬼次郎とお京、そして妻の常盤御前をめぐり、大蔵卿がほんの一瞬だけ本性をあらわにし、そしてまた、もとの阿呆へと戻っていくというもの。

170724_km_03.jpg

提供/国立劇場


義理のお父様である中村吉右衛門さんの監修のもと、無邪気な阿呆と凛とした公家の貴公子を瞬時に演じ分ける菊之助さんに、会場からは大きな拍手がわき起こりました。

この記事は全3ページです。

あわせて読みたい


和美人百貨店
9月号特集連動
住宅企画
山口遼ジュエリー連載
ななつ星
りんひろこ
フィギュア愛
星野リゾート

「家庭画報」本誌

家庭画報イメージ

家庭画報
2017年09月号



食 Restaurant&Food 食の記事をジャンル×場所で探す

今森光彦傘
マイクロコンテンツ
家庭画報の旅
村田さん連載
家庭画報の贈りもの

家庭画報編集長 秋山和輝 on Twitter

プレゼント当選者発表
  
食の学校
  
家庭画報アカデミー
  
セブンアカデミー