2017/10/10

インテリアレッスン3●キッチンにアートを飾って、台所仕事を楽しく!

171001_yokosekitchin_01.jpg
インテリアスタイリスト 横瀬多美保の「カジュアル・リュクスに暮らす」

テーブルコーディネーターやインテリアスタイリストとして『家庭画報』のページを彩ってきた横瀬多美保さん。あらゆるものに美を見いだし、独自の感性でリュクスな空間を創造し続けてきました。そして今、しっくりくるのは上質でありながらもくつろぎ感のあるスタイル、といいます。〝生活の中に、美が息づく〟そんな日々の暮らしに豊かさを添える素敵なアイディアを巡ります。

LESSON 3
キッチンにもアートを! 日々の台所仕事が楽しくなるアイディア

多美保さんの家を訪れると、生活空間が美しくあることは幸せな日々に繋がっている……そんな、インテリアが与える不思議な力を感じます。そのひとつが、キッチンスペース。料理をしている多美保さんの姿は、いつも楽しそう。キッチンで過ごす時間が喜びになるアイディアを探りました。

171001_yokosekitchin_02.jpg フィグ(イチジク)をモチーフにしたKOKIN氏のアート作品の傍らには、いつもフレッシュな色彩の果物を添えている。

●●●Tips 1●●●
1枚のアートがキッチンを見せる場にする

多美保さんのキッチンは、ダイニングスペースと接しています。「ダイニングテーブルに着席してキッチンの方向を見ると、ちょうどキッチンの奥の壁が目に入ってくるんです。その壁に、何か飾りたいなと思っていたところに出会ったのがこの作品」。多美保さんが選んだのは、以前から憧れていたKOKIN氏のアート作品。多美保さんが好きなフィグが力強い筆致でリズミカルに描かれています。銀座一穂堂での個展を訪れた際に、出会って一目でキッチンに飾ろうとひらめいたのだそう。「パブリックスペースの壁面作品も手がけていらっしゃるKOKINさんの作品は、インテリア的にも合わせやすいように思います。大好きな作品が身近にあるだけで気分が上がりますよね」と多美保さん。ちなみに揚げ物などで油を使うときは、もちろん一旦外してから調理するそうです。

この記事は全2ページです。

あわせて読みたい


四季島
この人に会いたい
山口遼ジュエリー連載
フィギュア愛
星野リゾート
和美人百貨店

「家庭画報」本誌

家庭画報イメージ

家庭画報
2017年11月号



食 Restaurant&Food 食の記事をジャンル×場所で探す

今森光彦傘
マイクロコンテンツ
家庭画報の旅
村田さん連載
家庭画報の贈りもの

家庭画報編集長 秋山和輝 on Twitter

プレゼント当選者発表
  
食の学校
  
家庭画報アカデミー
  
セブンアカデミー