• トップ > 
  • お知らせ > 
  • SPECIAL > 
  • 2つの美しき才能――。「東方神起」がしなやかに再始動!~こぼれ話あり~

2017/08/25

2つの美しき才能――。「東方神起」がしなやかに再始動!~こぼれ話あり~

ユンホさん、チャンミンさんの2人が揃ってメディアの前に立つのは、実に2年4か月ぶり。まずは何をおいても「復帰のごあいさつを」という本人たちの熱い想いから、2日間で3か国(ソウル・東京・香港)を回るプレスツアーを敢行した東方神起。なんという律儀さ! 心根の温かさ! 驚きとともに胸を打たれ、「家庭画報」も緊急記者会見へと駆けつけました。お人柄が垣間見える“こぼれ話”も含め、レポートをお届けします。
取材・文・写真/大杉美氣

170824_tvxq_01.jpg 東方神起のイメージカラーである赤(パールレッド)を基調とした会場に2人が入ってくると、シャッターが一斉にきられ、会場中の空気がなぜかふわっと動いたのでした。 百戦錬磨の報道陣も皆、懐かしさでファインダー越しにふっと口元がほころんだのだと思われます。それを察した2人もやわらかな表情で「東方神起として、また2人揃って皆さんの前に立ってあいさつできること、それがまず嬉しいです。ありがとうございます」と礼儀正しいお辞儀で会見はスタート。

170824_tvxq_04.jpg ただ、転役してわずか3日目での来日となったチャンミンさんは、はにかむように顔をくしゃっとさせて「今朝ソウルでもそうだったのですが、シャッターの音にもまだ慣れていなくて……怖いくらいです」とも。向かって右にユンホさん、左にチャンミンさんという並びながら、チャンミンさんは終始45度の角度でユンホさん側を向いている格好(もちろんその角度の先には司会者もいるので正しい向きなのですが)。リーダーであり、兄のような存在だというユンホさんを信頼している、素直な可愛らしさがにじみ出ていました。


次ページ>> 東方神起再始動、ツアー情報とアルバムへの考察 >>

この記事は全4ページです。

あわせて読みたい


四季島
テンピュール
この人に会いたい
山口遼ジュエリー連載
フィギュア愛
星野リゾート
和美人百貨店

「家庭画報」本誌

家庭画報イメージ

家庭画報
2017年10月号



食 Restaurant&Food 食の記事をジャンル×場所で探す

今森光彦傘
マイクロコンテンツ
家庭画報の旅
村田さん連載
家庭画報の贈りもの

家庭画報編集長 秋山和輝 on Twitter

プレゼント当選者発表
  
食の学校
  
家庭画報アカデミー
  
セブンアカデミー