• トップ > 
  • お知らせ > 
  • SPECIAL > 
  • 誌面から抜け出た『家庭画報』オリジナルの美しいガラス器を見に行く

2017/05/19

誌面から抜け出た『家庭画報』オリジナルの美しいガラス器を見に行く

靏林舞美 彩りのうつわ小鉢 170519_glass_04.jpg 誌面ではご紹介できなかったペアの小鉢も展示されています。7色の色ガラスを重ね合わせたガラスの塊から、ランダムにガラスをとり、吹くので、同じ色の鉢は一つとしてありません。あなただけの好みの色の器を探してみては?ペア11880円(税込み)。

髙橋禎彦 ハイボールグラス 170519_glass_05.jpg 誌面ではビールグラスとして紹介しましたが、もともとは「ハイボールをおいしく飲めるグラスを作ってほしい」というお客さまの要望を受けて作られたのがこのグラス。一つとして同じ形のものはなく、髙橋さん独特のガラスの色、とろりとした表面の質感も魅力です。1客5400円(税込み)。

この記事は全3ページです。

あわせて読みたい


四季島
テンピュール
この人に会いたい
山口遼ジュエリー連載
フィギュア愛
星野リゾート
和美人百貨店

「家庭画報」本誌

家庭画報イメージ

家庭画報
2017年10月号



食 Restaurant&Food 食の記事をジャンル×場所で探す

今森光彦傘
マイクロコンテンツ
家庭画報の旅
村田さん連載
家庭画報の贈りもの

家庭画報編集長 秋山和輝 on Twitter

プレゼント当選者発表
  
食の学校
  
家庭画報アカデミー
  
セブンアカデミー