• トップ > 
  • お知らせ > 
  • SPECIAL > 
  • 【展示販売会も開催中】人気作家にオーダーした日本の美しいガラス器

2017/05/09

【展示販売会も開催中】人気作家にオーダーした日本の美しいガラス器

■小室光博さん(「懐石 小室」主人)と考えた茶懐石とガラス、初夏のおもてなし

安田泰三 レース文四つ碗 170507_sp_06.jpg レース文様は文様のもとになるレース棒を作り、それをガラスの塊の周りに熔着して文様を作る。レース棒の数や組み方によりさまざまな文様が生まれる。料理は鱧ちらしと香の物。飯碗(口径13.5×高さ12センチ)12万円、汁碗(口径12.5×高さ11センチ)11万円。

靏林(つるばやし)舞美 彩りのうつわ 170507_sp_009.jpg 7色の色ガラスを重ね合わせたガラスの塊からランダムに取って吹き上げるので、同じ色の鉢は二つとない。(奥=口径23.5×高さ7センチ、手前=口径24×高さ7.5センチ)各2万5000円。預け鉢の冷たい煮物は車海老、茶筅茄子、蓮芋にだしのジュレをかけ、青柚子を添えて。

西山 雪 きんぎょ鉢 170507_sp_10.jpg その名のとおり、まるで金魚鉢を見るような涼感あふれる鉢(口径25×高さ8センチ)4万円。宙吹きで形を作り、グラビールで削った部分に赤や黒のエナメルで金魚を描く。水草も緑のエナメルを用いて筆で描く。普通にスポンジで洗ってもさしつかえない。

取材・文/松田純子

この記事は全5ページです。

あわせて読みたい


9月号特集連動
住宅企画
山口遼ジュエリー連載
ななつ星
りんひろこ
フィギュア愛
星野リゾート

「家庭画報」本誌

家庭画報イメージ

家庭画報
2017年09月号



食 Restaurant&Food 食の記事をジャンル×場所で探す

今森光彦傘
マイクロコンテンツ
家庭画報の旅
村田さん連載
家庭画報の贈りもの

家庭画報編集長 秋山和輝 on Twitter

プレゼント当選者発表
  
食の学校
  
家庭画報アカデミー
  
セブンアカデミー