2017/07/27

ヴァイオリン作りの聖地、イタリア・クレモナで出会った名器の音色

「楽器を愛す」特集で出会った楽器の音色&撮影の舞台裏を公開!
雑誌ではお伝えすることのできない楽器の“音”。
誌面で紹介した名器の美しい音色の一部を
取材中に撮影した動画でお楽しみください。




松下敏幸さん製作のヴァイオリンによる演奏

ヴァイオリンの名器、ストラディヴァリウスが作られた地、イタリア・クレモナ。1982年よりクレモナに在住する松下敏幸さんは、ストラディヴァリウスの頃の製作方法を徹底的に研究し、ヴァイオリンを作っています。「プリマヴェーラ」(2011年製作)と名づけた松下さんのヴァイオリンを使い、クレモナを中心に活躍するヴァイオリン奏者、横山令奈さんが奏でる曲をお聴きいただきます。演奏した場所は、15世紀に建てられたパラッツォ・トレッキ。

●ヴィヴァルディ「四季」より「春」




●J.S.バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータNo.2」




●マスネ「タイスの瞑想曲」





名器ストラディヴァリウスを使って開かれた特別コンサート

ストラディヴァリウスのオーナーたちは、自身が所有する楽器を里帰りさせようとし、それに合わせてクレモナにあるヴァイオリン博物館のアウディトリウムにてコンサートが開かれます。今回はその前夜祭として、同博物館CEO宅の中庭にて開かれたカルテットの演奏をお聴きいただきます。演奏に使われたのはストラディヴァリウス製作のヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ。中庭コンサートの臨場感とともにお楽しみください。

●モーツァルト「弦楽四重奏曲第19番」



(家庭画報編集部:松本)



・『家庭画報』2017年9月号 本誌特集連動企画の一覧はこちら>>

・2つのサイズで発売!『家庭画報』2017年9月号の詳細はこちら>>
  • 1

この記事は全1ページです。

あわせて読みたい


四季島
テンピュール
この人に会いたい
山口遼ジュエリー連載
フィギュア愛
星野リゾート
和美人百貨店

「家庭画報」本誌

家庭画報イメージ

家庭画報
2017年10月号



食 Restaurant&Food 食の記事をジャンル×場所で探す

今森光彦傘
マイクロコンテンツ
家庭画報の旅
村田さん連載
家庭画報の贈りもの

家庭画報編集長 秋山和輝 on Twitter

プレゼント当選者発表
  
食の学校
  
家庭画報アカデミー
  
セブンアカデミー