2017/06/21

髙橋大輔、覚醒して東急シアターオーブに降臨『LOVE ON THE FLOOR2017』プレスコール&初回公演レポ

取材・文/小松庸子 撮影/家庭画報編集部


遂に幕を開けた『LOVE ON THE FLOOR(以下LOTF)2017』。昨年日本で初めて上演され大好評だったダンスショーが現在、渋谷の東急シアターオーブで再演されています。 フィギュアスケート界が誇るメダリストたちと全米屈指のトップダンサーたちが一堂に会し、愛という感情のさまざまな面をダンスで表現するエンターテインメントです。

170621_lotf_01.jpg 6月16日に行われたプレスコールと初回公演を見てきたわけですが……、タイトルどおりです。髙橋大輔さん、恐るべし。ダンサーとして完全に覚醒した髙橋大輔が舞台上にいました。もちろん、昨年の初演舞台においても初のダンスショーとは思えない、キレがありながらしなやかで心揺さぶられるダンスを見せてはくれました。

でも、今回はこの初回公演からすでに昨年の楽公演を超えた別次元へと到達! 現在発売中の『家庭画報』7月号で髙橋さんにインタビューさせていただいたときや公開練習での言葉から、初演時とは明らかに違う自信、意欲、覚悟を感じてはいました。『氷艶』での経験で培った自信を身にまとい挑む再演、どれだけの進化、深化を見せてくれることだろうと期待してはいました。

しかし! まさかここまでとは! 

長年のリクエストを受け、ゲストダンサーとして初のダンスショーに臨んだ昨年の舞台では、どこかに奥ゆかしさ、遠慮深さを残していたようにも感じましたが、W主演の1人として登場した今回、舞台の中心で自ら牽引する髙橋さんがいました。プロデュース、構成、演出、W主演を務めるシェリル・バークさんに「ダイスケは踊るために生まれてきた」と言わしめた真価をいかんなく発揮しています。いまだ衝撃さめやらぬ再演の初回公演、特に印象深かった場面を中心に振り返ってみます。ネタばれありなので舞台を見るまで全貌を知りたくないというかたはご注意ください。

この記事は全4ページです。

あわせて読みたい


9月号特集連動
住宅企画
山口遼ジュエリー連載
ななつ星
りんひろこ
フィギュア愛
星野リゾート

「家庭画報」本誌

家庭画報イメージ

家庭画報
2017年09月号



食 Restaurant&Food 食の記事をジャンル×場所で探す

今森光彦傘
マイクロコンテンツ
家庭画報の旅
村田さん連載
家庭画報の贈りもの

家庭画報編集長 秋山和輝 on Twitter

プレゼント当選者発表
  
食の学校
  
家庭画報アカデミー
  
セブンアカデミー