2017/09/08

貫地谷しほりさんが語った映画『望郷』と自身の役と監督のこと

170908_kanjiya_tit.jpg

170908_kanjiya_01.jpg

手にした夢や憧れは意外と泥臭い!?

湊かなえさんが自身の出身地である広島県の因島をモデルにした6編からなる連作短編集『望郷』。 映画『望郷』は、その中の「夢の国」と「光の航路」を実写化したもの。 貫地谷しほりさんは、「夢の国」の主人公・夢都子を演じました。 夢都子が生まれたのは、古いしきたりを重んじる家。島から出て生活することを許されず、 故郷に縛られてきました。そんな夢都子にとって、本土にあるテーマパーク“ドリームランド”は、 手に入れることのできない自由の象徴、憧れの場所で……。

夢都子のドリームランドは、貫地谷さんにとっての芸能界みたいなものだそう。 「芸能界という選択肢が自分の中に現れたとき、すごくキラキラしている世界で お姫様みたいになっちゃうのかなという思いがどこかにあって。 でも、いざ仕事を始めてみると、睡眠時間が取れなかったり。すごく泥臭いことをしている瞬間が 多々あるんですよね。夢とか憧れって、そういうもんなんだなって思いました」

芝居の難しさを改めて実感した現場>>>

この記事は全5ページです。

あわせて読みたい


四季島
テンピュール
この人に会いたい
山口遼ジュエリー連載
フィギュア愛
星野リゾート
和美人百貨店

「家庭画報」本誌

家庭画報イメージ

家庭画報
2017年10月号



食 Restaurant&Food 食の記事をジャンル×場所で探す

今森光彦傘
マイクロコンテンツ
家庭画報の旅
村田さん連載
家庭画報の贈りもの

家庭画報編集長 秋山和輝 on Twitter

プレゼント当選者発表
  
食の学校
  
家庭画報アカデミー
  
セブンアカデミー