2017/09/08

福山雅治さんが初めて組んだ男性の相棒!? 満島真之介さんを直撃!

170908_mitishima_tit.jpg

170908_mitishima_01.jpg

どれだけ同じ時間を共有できたかは画面を通じて伝わる

殺人事件の容疑者・三隅(役所広司)とその弁護士・重盛(福山雅治)を中心に描かれる心理サスペンス映画『三度目の殺人』。満島真之介さんは、ほぼ死刑確実といわれる三隅をなんとか無期懲役にしようとする重盛を助手として支え、共に調査を進める若手弁護士・川島を演じています。

「今まで福山さんの相棒は女性が多く、男のパートナーは珍しいと思うんですよ。それもあって、撮影のときは福山さんの懐にスッと入ることが大切だなと思い、素直に自分を出していきました。僕は初日を北海道で迎えたんですけど、その日にはもう仲よくなってましたよ。それからずっと一緒の時間を過ごして、どんどん関係も深まりました。それは画面を通しても伝わります。それが人を惹きつけるんだろうし、説得力も出る。セリフにはないメッセージも伝えてくれるんじゃないかなって思います」

劇中の重盛と川島の関係性は、満島さんと福山さんの関係に近いものがあるという満島さん。その理由は、満島さんが川島を演じる際に意識していたことにありそうです。

満島さん演じる川島の存在が物語の「なぜ?」に迫る>>>

この記事は全4ページです。

あわせて読みたい


四季島
テンピュール
この人に会いたい
山口遼ジュエリー連載
フィギュア愛
星野リゾート
和美人百貨店

「家庭画報」本誌

家庭画報イメージ

家庭画報
2017年10月号



食 Restaurant&Food 食の記事をジャンル×場所で探す

今森光彦傘
マイクロコンテンツ
家庭画報の旅
村田さん連載
家庭画報の贈りもの

家庭画報編集長 秋山和輝 on Twitter

プレゼント当選者発表
  
食の学校
  
家庭画報アカデミー
  
セブンアカデミー