2017/09/01

映画『三度目の殺人』の現実主義的弁護士役・吉田鋼太郎さんに迫る!

170829_imaaitai_vol4_tit.jpg

170901_yoshida_02.jpg

吉田さんが演じる摂津は、弁護士らしさを一番持っている人物

是枝裕和監督が初めて挑んだ心理サスペンス『三度目の殺人』で、殺人事件の容疑がかかる三隅(役所広司)を弁護する弁護士・重盛(福山雅治)の同期弁護士・摂津を演じる吉田鋼太郎さん。完成披露試写会で舞台挨拶に立った際には「(福山さんと)同期というだけで無理がある」と話し、観客を笑わせていた吉田さんですが、そもそも摂津は検事をやめて弁護士になった人物です。

「ヤメ検っていうらしいですね。摂津は、いわゆる法曹界を渡り歩いている、ちょっとうさんくさい感じの人(笑)。 法廷に真実は必要なくて、最終的に顧客の利益になればいいという、重盛と同じ立ち位置にいるんですよね。 ただ、重盛は徐々に真実ってなんだろうと考え始め、摂津はそんな重盛を心配するというか引き戻すというか。あくまでビジネスライクな弁護士。 でも、じつは弁護士らしさを一番持っている人だと思いますね。駆け引きだったり取り引きだったりをする、弁護士の典型だと思いながら演じていました」

是枝組に初参加。噂の現場では……>>>

この記事は全5ページです。

あわせて読みたい


四季島
テンピュール
この人に会いたい
山口遼ジュエリー連載
フィギュア愛
星野リゾート
和美人百貨店

「家庭画報」本誌

家庭画報イメージ

家庭画報
2017年10月号



食 Restaurant&Food 食の記事をジャンル×場所で探す

今森光彦傘
マイクロコンテンツ
家庭画報の旅
村田さん連載
家庭画報の贈りもの

家庭画報編集長 秋山和輝 on Twitter

プレゼント当選者発表
  
食の学校
  
家庭画報アカデミー
  
セブンアカデミー