2017/09/29

【参加者募集】名店で楽しむ紅葉と京料理

京都で紅葉を愛でながら、名料亭で京料理を楽しむイベントをご用意いたしました。ともに京都で長い歴史を刻んできた名店が、今回のために秋の特別コースをご用意くださいました。またそれぞれご当代よりお店の歴史や料理についてお話をうかがう機会を設けました。旬の美味に舌鼓を打ちながら、悠久の時に想いを馳せる秋の一日を、ぜひご堪能ください。

一子相伝 なかむら

170930_ac_01.jpg 文政10(1827)年の創業より代々受け継がれてきた京料理。190年にわたり京の風習に根づいた味を大切に守り続ける「なかむら」で、今回のためにご用意くださった秋の特別コースをお楽しみいただきます。また、6代目主人の中村元計さんからはお店の歴史や和食の継承、そして一子相伝ということについて、お話いただきます。

170930_ac_02.jpg 6代目主人の中村元計さんは決して奇をてらわず、伝統に新しい創造を加味し、代々一人の世継ぎだけに伝える一子相伝を頑なに守り続けています。

170930_ac_03.jpg 一子相伝の名物料理、だしや調味料を一切使用しないという「白味噌の雑煮」。

170930_ac_04.jpg 同じく名物料理の「ぐじの酒焼き」。

◉日時
平成29年11月28日(火)
12時受付開始/12時30分開会/14時30分終了予定
◉会場
一子相伝 なかむら
(京都市中京区富小路御池下ル松下町136)
◉募集人数
20名さま(同伴者1名さままで可、お一人さまでの応募も可)
◉参加費
お一人さま2万5000円(特別献立の昼会席、消費税・サービス料を含む)
※お飲み物は当日各自現金にてご精算をお願いいたします。
◉応募締切
平成29年10月31日(火)必着


有職料理 萬亀楼

170930_ac_05.jpg 享保7(1722)年創業。宮廷の節会で食された有職料理を受け継ぎ、その伝統の技法を踏まえた雅やかな美味が味わえる「萬亀楼」で、秋の特別な京料理をご堪能ください。また、10代目主人の小西将清さんに式庖丁をご披露いただくとともに、生間(いかま)流式庖丁についてお話をうかがいます。その際に貴重な書簡も特別にご展示いただく予定です。

170930_ac_06.jpg まな板の上の魚や鳥に直接手を触れずに包丁刀を使ってめでたい形に切り分ける「式庖丁」。平安中期、藤原道長の時代より1100年続く食の儀式であり、萬亀楼ご当代の小西将清さんは生間流式庖丁を継承する30代目家元でもあります。

170930_ac_07.jpg 秋には美しく色づく庭も見どころです。

◉日時
平成29年11月29日(水)
11時30分受付開始/12時開会/14時終了予定
◉会場
萬亀楼
(京都市上京区猪熊通出水上ル蛭子町387)
◉募集人数
20名さま(同伴者1名さままで可、お一人さまでの応募も可)
◉参加費
お一人さま2万5000円(特別献立の昼会席、消費税・サービス料を含む)
※お飲み物は当日各自現金にてご精算をお願いいたします。
◉応募締切
平成29年10月31日(火)必着
※お申し込みが定員を超えた場合は抽選とさせていただきます。
※2店舗同時にお申し込みいただくことも可能です。
※イベント当日にはご参加の皆さまに今後のイベントを先行でご案内する予定です。


◉応募方法
【Webでのご応募】
以下より応募フォームにアクセスし、ご応募ください。

btn_150526_oubo.jpg 【ハガキまたはFAXでのご応募】
以下の項目を明記のうえ、各宛先へお送りください。
1.氏名(ふりがな) 2.郵便番号 3.住所 4.電話番号 5.携帯電話番号 6.FAX番号 7.年齢 8.職業 9.参加人数 10.同伴者のお名前(同伴者がいる場合のみ) 11.応募の動機 12.参加希望の店名

【ハガキ】
〒102-8187 東京都千代田区九段北4-2-29
世界文化社 イベント部「京都紅葉」係

【FAX】03-3262-6490

※お申し込みが定員を超えた場合は抽選とさせていただきます。
※ご当選のかたにのみ、家庭画報イベント事務局より応募締め切り後₃週間以内にご案内をお送りします。
※お申し込みが一定数に満たない場合にはイベントを中止することがございます。
※会場までの往復交通費はご自身でご負担ください。
※コースに含まれないお飲み物はご自身での精算をお願いいたします。
※お申し込みの際にご記入いただきましたお客さまのお名前・ご住所・ご連絡先などの個人情報は、催事のご案内やお問い合わせの際のご連絡、小社からの各種ご案内送付のために利用させていただきます。お客さまの個人情報は厳重に保管・管理し、適切に取り扱います。お申込書やデータは集計後、速やかに適切な方法で廃棄し、6か月を超えて保有いたしません。
※イベント会場への直接のご連絡はご遠慮いただきますようお願いいたします。
※出演者や他の参加者に迷惑を及ぼす行為や会の進行に支障をきたす行為等があった場合、家庭画報Academyの判断で今後の参加をお断りする場合があります。
※会によっては募集人数を超えてご案内する場合がございます。その際は会の趣旨が変わらないようにいたします。

●お問い合わせ
世界文化社 家庭画報 イベント事務局
TEL:03-3262-5851(土曜・日曜・祝日を除く10時~17時)
  • 1

この記事は全1ページです。

あわせて読みたい


四季島
テンピュール
この人に会いたい
山口遼ジュエリー連載
フィギュア愛
星野リゾート
和美人百貨店

「家庭画報」本誌

家庭画報イメージ

家庭画報
2017年11月号



食 Restaurant&Food 食の記事をジャンル×場所で探す

今森光彦傘
マイクロコンテンツ
家庭画報の旅
村田さん連載
家庭画報の贈りもの

家庭画報編集長 秋山和輝 on Twitter

プレゼント当選者発表
  
食の学校
  
家庭画報アカデミー
  
セブンアカデミー