インテリア

木の住まいならではの比類なき心地よさ 〈積水ハウス「シャーウッド」〉

「積水ハウス」の木造ブランド「シャーウッド」。 それは木の質感と温もりを生かした、快適で安心して暮らし続けることができる住まいです。 心地よさのための創意工夫を凝らした木の家には温かさとやすらぎが満ちています。 

朝、絞りたてのジュースを手に、ダイニングに腰を下ろす。天井まである大きな窓から戸外の緑を眺めていると、まるで樹木の中で深呼吸しているような安らかな気持ちに包まれます。室内にいるのに、戸外のような心地よさ。それは深い軒と大きな窓を介して屋内外がつながる「クリアビューデザイン」の為せる業。 

「クリアビューデザイン」
床と天井の素材および高さを揃えたことで、この上ない開放感を演出する「クリアビューデザイン」のリビング。内と外をゆるやかにつなぎ、まるで森に憩うような心地よさをもたらす。
 

昼、無垢床のなめらかな感触を素足に感じながらソファに寝そべり、お気に入りの写真集のページをめくる。高い天井のリビングに流れる穏やかな空気。一人で過ごす時間がこんなにも豊かなのは、きっと木の温かさに包まれているから。

 

天井高約3.7メートルの「ハイラウンジ」は、吹き抜けとはまた異なる開放感と居心地を楽しめる空間。 

木の優しさと温かみを現代のスタイルで提案する、積水ハウスの木造住宅「シャーウッド」。その魅力は住む人のこだわりに応える空間性と同時に“進化する木造住宅”として高い耐震性と安心の性能を備えていることにあります。 例えば、「マルチレイヤーシステム」。安心・安全の技術に支えられながら3.7メートルの開放的なハイラウンジを創出したり、二階よりも高い位置に勾配天井のロフティスペースを設けたりと、変化のあるレイヤー (多層)空間が表情豊かな住まいを生み出します。「シャーウッド」でしか得られない大きな木に守られる上質な暮らしが、ここから始まります。 

おすすめキーワード

家庭画報 最新号

家庭画報表紙

2018年1月号 12月1日(金)発売!

お正月を寿ぐ、小澤征爾、宇野昌磨、高麗屋三代襲名、将棋の魅力ほか

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

家庭画報編集部SNS

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading