• トップ > 
  • 銀座 > 
  •  > 
  • 新広東菜 嘉禅(しんかんとんさい かぜん)

2017/10/06

新広東菜 嘉禅(しんかんとんさい かぜん)

170901_shinkantonsai-uzen_01.jpg 香港名物「鳩の丸揚げ」(手前)には、パクチーと紅芯大根の北京風スパイシーサラダを添えて。人気の点心4種(奥)は、にんじんで皮を着色した野菜餃子や、きのこ入りのトリュフ餃子など。

知る人ぞ知るシェフズキッチンへ
【新広東菜 嘉禅】(銀座6丁目)

銀座を賑わわせている中国料理の気鋭店の一つが、今年6月に誕生した「新広東菜 嘉禅」。ダイニングフロアの脇の通路を進んだ奥に密かに用意されているのが、キッチンに臨むわずか4席のシェフズテーブルです。

170901_shinkantonsai-uzen_03.jpg 「ここでは、自分の厨房にお客さまをお招きしたつもりで料理を作っています」とにこやかに語るのは、マンダリン オリエンタル 東京やシンガポールのマリーナベイ・サンズなどで研鑽を積んだ簗田 圭シェフ。

カウンター席のお客さまのためだけに簗田シェフが特別に提供するのは、伝統の広東料理をベースに独自のアレンジを加えたコース。ときにシンガポールテイストを加えたり、フォワグラやトリュフといったフランス料理の素材を取り入れたりと、融通無碍。

170901_shinkantonsai-uzen_02.jpg 「フカヒレと白菜のあんかけ土鍋ご飯」。フォワグラ入りの白湯にフカヒレたっぷりのリッチな一品。

香港名物の「鳩の丸揚げ」にしても、油をかけながら皮をパリパリに仕上げる従来の手法はそのままに、タイのスイートバジルやパクチーで作ったソースを添えるなど、さりげないアレンジが光ります。

170901_shinkantonsai-uzen_04.jpg 店内


新広東菜 嘉禅(しんかんとんさい かぜん)
住所:東京都中央区銀座6-5-13 銀座美術館ビル2階
TEL:03(6264)5851
営業時間:11時30分~14時30分(LO、土曜・日曜・祝日15時30分LO)、 17時30分~22時(LO、土曜・日曜・祝日21時30分LO)
定休日:不定休
料金の目安:昼コース2200円、4000円、ほかランチセットなど。
夜コース7000円、8000円、1万円、1万3000円、
シェフのおまかせコース1万8000円、2万3000円。

写真は1万8000円のコースより。アラカルト可。
シェフズキッチンの利用はおまかせコースのみ。
要予約 全38席
カウンター4席、個室1室(6名)


●『家庭画報』2017年10月号掲載
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。



  • 1

この記事は全1ページです。

あわせて読みたい


四季島
この人に会いたい
山口遼ジュエリー連載
フィギュア愛
星野リゾート
和美人百貨店

「家庭画報」本誌

家庭画報イメージ

家庭画報
2017年11月号



食 Restaurant&Food 食の記事をジャンル×場所で探す

今森光彦傘
マイクロコンテンツ
家庭画報の旅
村田さん連載
家庭画報の贈りもの

家庭画報編集長 秋山和輝 on Twitter

プレゼント当選者発表
  
食の学校
  
家庭画報アカデミー
  
セブンアカデミー