2017/05/18

ほんのり醬油味が後を引く福島育ちのゆべし 〔かんのや〕

お気に入りの味を大切なかたに贈る
白羽ゆりさん(女優)

宝塚歌劇団でトップの娘役を務め、引退後は舞台や映画、ドラマで活躍する白羽ゆりさん。宝塚時代は全国のファンから地元の銘菓や、その時々で話題のお菓子の差し入れがあり、楽屋は常にお菓子であふれていたそう。「お菓子が運んでくれる楽しさや癒やしをいつも感じていました」と、白羽さん。

福島県出身の白羽さんにとって、「かんのや」の「家伝ゆべし」は「物心ついた頃にはすでに親しんでいました」という存在です。 170518_fd_01.jpg ゆべしでこしあんを包んだ、鶴が翼を広げた形が特徴的な「家伝ゆべし」。ゆべしのもちもちとした弾力に、けしの実のプチプチとした食感がアクセントになります。

独特の鶴が翼を広げた形と、中にこしあんが入っているのが「家伝ゆべし」の特徴。「醬油が香る程よい甘み、もちもちとした食感が大好きです食べると、子ども時代を思い出してホッとします」。 昔ながらの味わいがなつかしい、心温まるお菓子です。

この記事は全3ページです。

あわせて読みたい


美容講座

「家庭画報」本誌

家庭画報イメージ

家庭画報
2017年06月号



食 Restaurant&Food 食の記事をジャンル×場所で探す

家庭画報の旅
村田さん連載

家庭画報編集長 秋山和輝 on Twitter

プレゼント当選者発表
  
食の学校
  
家庭画報アカデミー
  
セブンアカデミー