2017/04/06

忙しい毎日を過ごすかたに贈りたい「飲むジュレ」でリフレッシュ

My Delicious 喜ばれる手土産
三枝朝子さん(「ギンザのサヱグサ」文化事業室長)

「手土産には銀座らしさを感じていただけるものを常に意識して贈るようにしています」とは、148年の歴史を持つ子ども服の老舗「ギンザのサヱグサ」の三枝朝子さん。銀座で見つけたお気に入りの一つ、「資生堂パーラー」の飲むジュレ「ビューティープリンセスプレミアム」は「毎日、忙しく頑張る女性が集まる場所に冷やしたものをお持ちしたいですね」と話します。

「三種類どのフレーバーも酸味、甘みのバランスがよく、後味もすっきり。ストローで飲むドリンクタイプのジュレですが、果肉もしっかり入っているので、私自身も食べる感覚でリフレッシュタイムに楽しんでいます」と三枝さん。健やかで美しく輝く女性に嬉しい成分も、贅沢に入っています。

170406_fd_01.jpg グラスに注いでおもてなしに。「手前のシークワーサーは酸味が強すぎず、ゴールデンベリー(食用ほおずきの実)の風味とともに味に奥行きを感じます。中のゴールドキウイはチアシードのプチプチ感が後を引きます。奥のコンコードグレープはアロエの果肉でボリューム感たっぷり」と三枝さん。

この記事は全3ページです。

あわせて読みたい


9月号特集連動
クイーンエリザベス
山口遼ジュエリー連載
ななつ星
りんひろこ
フィギュア愛
星野リゾート

「家庭画報」本誌

家庭画報イメージ

家庭画報
2017年08月号



食 Restaurant&Food 食の記事をジャンル×場所で探す

今森光彦傘
マイクロコンテンツ
家庭画報の旅
村田さん連載
家庭画報の贈りもの

家庭画報編集長 秋山和輝 on Twitter

プレゼント当選者発表
  
食の学校
  
家庭画報アカデミー
  
セブンアカデミー