2017/03/09

お湯を注ぐと美しい春の風景が花開く 優雅に愛でる桜の工芸茶

My Delicious 喜ばれる手土産
日下部知世子さん(アロマテラピースペシャリスト)

「手土産には私自身が大好きでお取り寄せしているものや、信頼を寄せている老舗の美しい和菓子を選ぶことが多いです。そして、そこに季節感をプラスするよう心がけています」とはアロマテラピースペシャリストの日下部知世子さん。アロマテラピーをベースにした化粧品ビジネスにおいてもご活躍です。

お花見や新しいスタートのお祝いなど集いの席が増える春。日下部さんおすすめの手土産は「クロイソス」の工芸茶です。「一つ一つ職人が丹誠込めて作る芸術品。お湯を注ぐと茶葉とともに美しく花が開きます。味わうだけでなく、水中花のように目でも楽しめるので、季節にちなんだものを選ぶようにしています。春は日本人が大好きな桜の工芸茶も素敵ですね」。
170309_fd_01.jpg ガラスポットに熱湯を注ぐと中国緑茶の茶葉とともにキンセンカと桜の花が開く「櫻花恋歌 サクラサク」。「中国緑茶のやわらかな風味は洋菓子はもちろん、和三盆の干菓子や練りきりのような和菓子ともよく合います。一日の締めくくりを工芸茶とともに優雅に過ごしていただけるように、会食の手土産にもよくお持ちしています」と日下部さん。

この記事は全3ページです。

あわせて読みたい


四季島
テンピュール
この人に会いたい
山口遼ジュエリー連載
フィギュア愛
星野リゾート
和美人百貨店

「家庭画報」本誌

家庭画報イメージ

家庭画報
2017年10月号



食 Restaurant&Food 食の記事をジャンル×場所で探す

今森光彦傘
マイクロコンテンツ
家庭画報の旅
村田さん連載
家庭画報の贈りもの

家庭画報編集長 秋山和輝 on Twitter

プレゼント当選者発表
  
食の学校
  
家庭画報アカデミー
  
セブンアカデミー