• トップ > 
  •  > 
  • SPECIAL > 
  • 目にも舌にも美味しい工芸茶、その魅力を探りに本場中国へ〈前編〉

2017/05/31

目にも舌にも美味しい工芸茶、その魅力を探りに本場中国へ〈前編〉

ともに楽しむ一杯に、もてなしの心を込めて

170523_kougeicha_21.jpg 蓋碗の蓋を開けると、ふわりとお茶の爽やかな香りが広がる。丁寧に淹れたお茶は格別に美味しい。

中国では茶藝という、日本の茶道のような中国茶の入れ方があります。指の先にまで心配りを流麗な所作は、美しく目に心地よいもの。お茶をおいしく淹れたいという心が伝わってくるのと共に、俗世を離れた穏やかで静謐な世界へと誘われます。

170523_kougeicha_22.jpg 6代目の奥さま・曹克力さんは高級茶藝師。美容と健康の秘訣はお茶を飲むことなのだそう。

徽州の人々が客人をもてなす習慣の中で、お茶は欠かせないものだそう。一番上等なお茶を用意し、丁寧に淹れ、共にゆっくり茶を味わう。それは、楽しさと幸福感に満ちたひとときです。淹れる人も、飲む人も、同じ世界観を共有しながら豊かな時間を過ごす喜びを得られることこそ、お茶の最大の魅力なのかもしれません。中国においてもお茶は、喉の渇きを癒すばかりではなく、人と人とを繋げ、心までも潤してくれる存在なのです。


目にも舌にも美味しい工芸茶、その魅力を探りに本場中国へ〈後編〉>>



※取材した黄山芳生茶業の工芸茶は、クロイソス銀座本店で購入できます。
クロイソス銀座本店
東京都中央区銀座7-10-10セレンシービル1F
フリーダイヤル 0120-1-96104
営業時間 11時〜20時
不定休
http://www.mercure.jp/

この記事は全7ページです。

あわせて読みたい


四季島
テンピュール
この人に会いたい
山口遼ジュエリー連載
フィギュア愛
星野リゾート
和美人百貨店

「家庭画報」本誌

家庭画報イメージ

家庭画報
2017年11月号



食 Restaurant&Food 食の記事をジャンル×場所で探す

今森光彦傘
マイクロコンテンツ
家庭画報の旅
村田さん連載
家庭画報の贈りもの

家庭画報編集長 秋山和輝 on Twitter

プレゼント当選者発表
  
食の学校
  
家庭画報アカデミー
  
セブンアカデミー