2017/10/11

懐石料理の技を取り入れた創意ある天ぷらに舌鼓

c_171011_fd_01.jpg 檜の白木でできた清新なカウンターにはその日の食材がきれいに並べられ、食欲をそそります。 ご主人の新垣 要さんが小気味よく揚げる天ぷらは、ころもが薄めでありながらカリッとした食感があり、素材の風味や食感を引き立てます。

c_171011_fd_02.jpg 「ほかの天ぷら店ではやらないようなものを意識してお出しするようにしています」と話すように、うにをゆば巾着で包んだり、さんまを大葉で巻くなど、長く和食に携わってきた経験をもとにほかにはない独自の天ぷらを提案。

その日のすべてのお客に、同じタイミングで天ぷらを揚げるスタイルです。一品料理と天ぷらのおまかせコース1万4000円。要予約。


旬恵庵 あら垣
東京都中央区湊3-5-10 VORT新富町1階-B
TEL:090-7716-4125
営業時間:17時~20時(入店)
定休日:不定休

『家庭画報』2017年11月号掲載
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。
  • 1

この記事は全1ページです。

あわせて読みたい


四季島
この人に会いたい
山口遼ジュエリー連載
フィギュア愛
星野リゾート
和美人百貨店

「家庭画報」本誌

家庭画報イメージ

家庭画報
2017年11月号



食 Restaurant&Food 食の記事をジャンル×場所で探す

今森光彦傘
マイクロコンテンツ
家庭画報の旅
村田さん連載
家庭画報の贈りもの

家庭画報編集長 秋山和輝 on Twitter

プレゼント当選者発表
  
食の学校
  
家庭画報アカデミー
  
セブンアカデミー