• トップ > 
  •  > 
  • 連載 > 
  • 菊乃井 村田吉弘「日本のこころ、和食のこころ」

2016/04/12

菊乃井 村田吉弘「日本のこころ、和食のこころ」

菊乃井・村田吉弘 【日本のこころ、和食のこころ】 撮影=小林庸浩

本編はこちらから

【五月 新茶】
夏も近づく八十八夜──。
立春から数えて八十八日目(五月初め頃)は、
茶摘みの最盛期にあたります。
この日摘まれたお茶は極上とされ、
また、末広がりの八の数字が、縁起がいいとされ、
この日お茶を飲むと長生きするともいわれました。
村田さんも日に何度も飲まれる日本茶のお話です。

この記事は全2ページです。