• トップ > 
  •  > 
  • レシピ > 
  • 甘酸っぱいマンゴーのジェラートは、身近な食材で作れるんです

2017/09/10

甘酸っぱいマンゴーのジェラートは、身近な食材で作れるんです

Cookbook_Everyday_10 September

週末の一日を、甘くさわやかなスイーツとともにゆったり過ごしませんか? 人気のスイーツ素材であるマンゴーを使ったジェラートレシピをご紹介します。ドライマンゴーのほか、牛乳やプレーンヨーグルトなど手に入りやすい材料だけで作れるのも魅力です。ポイントは冷凍庫で冷やし固めながら数回混ぜる工程。詳しい混ぜ方を紹介しているので、ぜひコツを覚えてくださいね。齋藤由里さんの『おうちで作るイタリアンジェラート』より。

「ドライマンゴーは手軽に手に入り、水分をしっかり吸収するのでジェラートにとても向いている材料です。濃厚でまろやかな味わいだから、牛乳だけで満足度の高い仕上がりになることもうれしいですね。アーモンドパウダーは、食塩不使用のローストアーモンドをくだいて使用しても構いません。マンゴージャムをオレンジマーマレードにしても、さわやかにお楽しみいただけます」(齋藤さん)。


マンゴーヨーグルトのジェラート 撮影:西山 航

170910_mangoyogurtgelato_01.jpg 【材料 3~4人分】
・ドライマンゴー 110g

・牛乳 220cc

・アーモンドパウダー 3g

・プレーンヨーグルト(ギリシャヨーグルト)※ 120g

・マンゴージャム、レモン汁 各小さじ2

・ドライマンゴー(細切り) 適量

※水分が少なく濃厚なもの。一般的なプレーンヨーグルトをひと晩水切りしたものでも可。

【作り方】
1:ドライマンゴーは粗みじん切りにし、牛乳とともに鍋に入れて15分おき、ハンディブレンダーでなめらかにくだく。

2:アーモンドパウダーを加え、ダマにならないようにゴムべらで均一に混ぜる。中火にかけて混ぜながらとろりとさせる。

170910_mangoyogurtgelato_02.jpg 3:人肌程度に冷まし、残りの材料を加えて泡立て器でなめらかに混ぜる。容器に入れて蓋をし、冷凍庫で冷やし固めながら数回混ぜる。

「混ぜる・練る」の詳しいやり方はこちら>>

この記事は全2ページです。

あわせて読みたい


四季島
テンピュール
この人に会いたい
山口遼ジュエリー連載
フィギュア愛
星野リゾート
和美人百貨店

「家庭画報」本誌

家庭画報イメージ

家庭画報
2017年10月号



食 Restaurant&Food 食の記事をジャンル×場所で探す

今森光彦傘
マイクロコンテンツ
家庭画報の旅
村田さん連載
家庭画報の贈りもの

家庭画報編集長 秋山和輝 on Twitter

プレゼント当選者発表
  
食の学校
  
家庭画報アカデミー
  
セブンアカデミー