• トップ > 
  •  > 
  • レシピ > 
  • 銀座レカン・高良シェフの「トマトのベニエ」は、おもてなしの一品に

2017/09/06

銀座レカン・高良シェフの「トマトのベニエ」は、おもてなしの一品に

Cookbook_Everyday_06 September

今日は身近な野菜トマトを、老舗フレンチ「銀座レカン」のレシピでベニエにしてみましょう。レカンでは、トマトの中にバターと蒸しあわび、エスカルゴなどを詰めて揚げていますが、トマトだけでもおいしいですよ。水分のあるトマトをサクサクに揚げるのに重要なポイントは、衣にビールを入れることと、トマトと衣の間に細かく挽いたパン粉の層を挟むこと。衣もつけやすくなります。見た目もお洒落で、おもてなしの一品として最適ですね。『「銀座レカン」高良康之シェフが教える フレンチの基本』より。


トマトのベニエ 撮影:櫻井めぐみ 170906_tomatonobenie_01.jpg 【材料 作りやすい分量】
・トマト(小玉) 4個

・パン粉(細挽き) 適量

・薄力粉、コーンスターチ 各100g

・ベーキングパウダー 10g

・ビール 150cc

・卵黄 2個分

・塩 少々

・揚げ油 適量

■ハーブバター
・バター(室温に戻しておく) 135g

・にんにく(みじん切り) 15g

・パセリ(みじん切り) 7g

・エストラゴン 1.7g

・塩 1.2g

・白胡椒 0.6g

ハーブバターから作りましょう>>

この記事は全2ページです。

あわせて読みたい


四季島
テンピュール
この人に会いたい
山口遼ジュエリー連載
フィギュア愛
星野リゾート
和美人百貨店

「家庭画報」本誌

家庭画報イメージ

家庭画報
2017年10月号



食 Restaurant&Food 食の記事をジャンル×場所で探す

今森光彦傘
マイクロコンテンツ
家庭画報の旅
村田さん連載
家庭画報の贈りもの

家庭画報編集長 秋山和輝 on Twitter

プレゼント当選者発表
  
食の学校
  
家庭画報アカデミー
  
セブンアカデミー