• トップ > 
  •  > 
  • レシピ > 
  • 香りも爽やか! バジルの代わりに青じそを使ったペペロンチーノ

2017/07/13

香りも爽やか! バジルの代わりに青じそを使ったペペロンチーノ

Cookbook_Everyday_13 July

バジルが手に入らなかった時代に日本の洋食屋さんで生まれた、青じそのパスタ。バジルを使ったジェノヴァ風より軽やかで、爽やかな香りが初夏にぴったりの一品です。当然、青じその代わりにバジルの葉を入れてもOK。ペーストを作る必要はなく切って混ぜるだけなので、手軽で簡単ですね。パスタの仕上げには「ぐるぐる混ぜ」して、パスタのゆで汁とオリーブ油を乳化させることが大切! レシピは細めのスパゲッティーニを使っていますが、一般的なスパゲッティでもいいですよ。真中陽宙シェフのロングセラー『PASTA』より。


青じそのペペロンチーノ 撮影:白根正治 170713_aojisopepe_01.jpg 「青じそは切って時間がたつと黒ずんでくるので、にんにくと赤唐辛子を炒める直前に切ります。また、加熱すると香りがとびやすいので、“ぐるぐる混ぜ”の直前に加えてください」(真中シェフ)。

【材料 2人分】
・パスタ(スパゲッティーニ) 140g

・青じそ 30枚

・アンチョヴィのフィレ 14g

・にんにく 1かけ(6g)

・赤唐辛子 1/2本

・ピュアオリーブ油 小さじ2

・エクストラ・ヴァージン・オリーブ油 大さじ2

・塩 小さじ1/3

・パスタをゆでるときの塩 湯の重量の1%

・パスタのゆで汁 80~100cc

まずは食材の準備をしましょう>>

この記事は全2ページです。

あわせて読みたい


四季島
テンピュール
この人に会いたい
山口遼ジュエリー連載
フィギュア愛
星野リゾート
和美人百貨店

「家庭画報」本誌

家庭画報イメージ

家庭画報
2017年10月号



食 Restaurant&Food 食の記事をジャンル×場所で探す

今森光彦傘
マイクロコンテンツ
家庭画報の旅
村田さん連載
家庭画報の贈りもの

家庭画報編集長 秋山和輝 on Twitter

プレゼント当選者発表
  
食の学校
  
家庭画報アカデミー
  
セブンアカデミー