• トップ > 
  •  > 
  • レシピ > 
  • 炒めて味をつけるだけ、ピリ辛味で箸がすすむマレーシア風炒め

2017/06/19

炒めて味をつけるだけ、ピリ辛味で箸がすすむマレーシア風炒め

Cookbook_Everyday_19 June

今日は面倒な料理なんてしたくない、というときにオススメなのが、野菜をいっぺんに炒めて調味料をからめるだけのこのレシピ。そら豆、パプリカなど旬の野菜の彩りも鮮やかで、ぐずついたお天気の日でも気持ちは晴れやかになりそう。そら豆のホクホクした甘みにマスタードシードのピリ辛味が絶妙にマッチします。そら豆は、タンパク質やビタミンB群、Cなど栄養満天で、さらに食物繊維の豊富な薄皮つきで食べれば便秘解消にも一役買ってくれますよ。人気の野菜料理研究家・庄司いずみさんの著書『アジアのベジ・キッチン』より。


ソラマメと野菜のマレーシア風炒め 撮影:山家 学 170619_soramametoyasai_01.jpg 【材料 2人分】
・A [そら豆(ゆでて薄皮をむく) 1パック(さやつきで500g)/玉ねぎ(乱切り)、赤パプリカ(乱切り) 各1/2個/にんにく(薄切り) 1片/マスタードシード 小さじ1]

・B [蜂蜜 大さじ1/2/しょうゆ 小さじ2/昆布茶 小さじ1/4]

・ごま油 適宜

野菜を炒めて味をつけるだけ>>

この記事は全2ページです。

あわせて読みたい


四季島
テンピュール
この人に会いたい
山口遼ジュエリー連載
フィギュア愛
星野リゾート
和美人百貨店

「家庭画報」本誌

家庭画報イメージ

家庭画報
2017年11月号



食 Restaurant&Food 食の記事をジャンル×場所で探す

今森光彦傘
マイクロコンテンツ
家庭画報の旅
村田さん連載
家庭画報の贈りもの

家庭画報編集長 秋山和輝 on Twitter

プレゼント当選者発表
  
食の学校
  
家庭画報アカデミー
  
セブンアカデミー