• トップ > 
  •  > 
  • レシピ > 
  • ベースの料理にアレンジを加えて。きゅうりと昆布の副菜2品

2017/06/18

ベースの料理にアレンジを加えて。きゅうりと昆布の副菜2品

Cookbook_Everyday_18 June

本日は、「きゅうりと刻み昆布のオイキムチ風」と、そのアレンジメニュー「きゅうりとパプリカの中華炒め」の2品を併せてご紹介。「きゅうりと刻み昆布のオイキムチ風」は冷蔵庫で5日ほど保存できるので、味に飽きたらアレンジを加えてみて。きゅうりに含まれるカリウムはむくみを改善してくれ、昆布の食物繊維でお腹もスッキリ。にんにくのビタミンB群で代謝もアップします。人気の野菜料理研究家・庄司いずみさんの『やせぐせがつく野菜の常備菜』より。


きゅうりとパプリカの中華炒め 撮影:櫻井めぐみ 170618_kyuritopapurika_01.jpg 【材料 3カップ分】
・きゅうり 大3本(360g・ぶつ切り)

・A [刻み昆布 10g(よく洗う)/にんにく 1片(半分に切る)/水 大さじ5/塩 小さじ1/3強/酢 大さじ1/2]

■きゅうりとパプリカの中華炒め(材料 2人分)

・きゅうりと刻み昆布のオイキムチ風 3/4 カップ分(一口大に切る)

・赤・黄パプリカ 各1/4個(一口大に切る)

・B [しょうが、にんにく 各1/2片(みじん切り)/長ねぎ 3cm(みじん切り)]

・ごま油 適量

・豆板醤 小さじ1/2

・C [酒 大さじ1/しょうゆ 小さじ1/4/オイキムチ風の漬け汁 大さじ1/2]

まずはオイキムチ風を作ります>>

この記事は全2ページです。

あわせて読みたい


ドンペリニヨン
今森光彦傘
ホテル企画
フィギュア愛
星野リゾート

「家庭画報」本誌

家庭画報イメージ

家庭画報
2017年07月号



食 Restaurant&Food 食の記事をジャンル×場所で探す

マイクロコンテンツ
家庭画報の旅
村田さん連載
家庭画報の贈りもの

家庭画報編集長 秋山和輝 on Twitter

プレゼント当選者発表
  
食の学校
  
家庭画報アカデミー
  
セブンアカデミー