• トップ > 
  •  > 
  • レシピ > 
  • バーニャカウダ風の豆腐ドレッシングでいただくスティックサラダ

2017/06/01

バーニャカウダ風の豆腐ドレッシングでいただくスティックサラダ

Cookbook_Everyday_1 June

今日から6月。これからが旬の水なすは、アクが少なくほんのりとした甘みがあり、生でもおいしくいただける日本の伝統品種です。この水なすのほか、パプリカ、にんじん、フルーツトマトほかカラフルな野菜をたくさん使い、見た目も鮮やかな一品をご紹介。イタリアのおつまみサラダとして知られるバーニャカウダのソースを、後口のさっぱりした豆腐シーザードレッシングでヘルシーにアレンジした、野菜を味わいつくす料理です。ごくシンプルなレシピだからこそ、野菜の大きさをそろえ、彩りや食感などに気を配って。人気のデリカフェ「ターブルオギノ」荻野伸也シェフのレシピです。


スティックサラダ バーニャカウダ風 撮影:木村 拓 170601_cb_01.jpg 「ドレッシングが濃厚なので、野菜は大きめにカット。水なすはみずみずしくアクが少ないので、生でもおいしい品種。ぜひ時季にはお試しを! 盛るときは、異なる色の食材同士を重ねるようにするのがコツ。彩りがよくなりますよ」(荻野シェフ)。

【材料 2人分】
・アスパラガス 3本

・ブロッコリー(小房に分けたもの) 3個

・パプリカ(赤・黄)、かぶ 各1/2個

・セロリ(真ん中の部分)、にんじん 1/2本

・水なす 1本

・フルーツトマト 1個

・マッシュルーム(ホワイト) 2個

・トレヴィス 1枚


■豆腐シーザードレッシング(作りやすい分量)

・木綿豆腐 1/2丁

・パルメザンチーズ(パウダー) 30g

・にんにく(すりおろし) 10g

・白ワインヴィネガー 70cc

・オリーブオイル 130cc

・塩 6g

・粗びき黒こしょう 1g

※白ワインヴィネガーはお好みで別の酢に変えても。

まずドレッシングを作りましょう>>

この記事は全3ページです。

あわせて読みたい


四季島
テンピュール
この人に会いたい
山口遼ジュエリー連載
フィギュア愛
星野リゾート
和美人百貨店

「家庭画報」本誌

家庭画報イメージ

家庭画報
2017年10月号



食 Restaurant&Food 食の記事をジャンル×場所で探す

今森光彦傘
マイクロコンテンツ
家庭画報の旅
村田さん連載
家庭画報の贈りもの

家庭画報編集長 秋山和輝 on Twitter

プレゼント当選者発表
  
食の学校
  
家庭画報アカデミー
  
セブンアカデミー