• トップ > 
  •  > 
  • レシピ > 
  • 今日も「青豆」のパスタです。生ハムとクリームの贅沢ソースで

2017/05/12

今日も「青豆」のパスタです。生ハムとクリームの贅沢ソースで

Cookbook_Everyday_12 May

昨日は空豆&枝豆の青豆コンビを使ったパスタをご紹介しましたが、本日も青豆でパスタとまいりましょう。いまが出盛り、旬のグリーンピースは味も香りも格別。生クリームに、生ハムの旨みと香りを移した贅沢なソースでいただきます。らせん状のショートパスタ、フジッリはソースのしみ込みがよく、また口の中でピチピチと跳ねる感覚が楽しめますよ。東京・白山の人気イタリアン「ヴォーロ・コズィ」西口大輔シェフのレシピです。


生ハムとグリーンピースのフジッリ 撮影:高橋栄一 170512_peas_1.jpg 「生ハムはカリカリに炒めると旨みが抜けておいしくありません。炒め方はデリケートに。香りが出てきたらすぐ火を止めて、それ以上火が入らないようにします。また、生ハムをバターで炒めず、生クリームを沸騰させた中に入れる方法も。少しマイルドな味がお好みのかたはどうぞ」(西口シェフ)。

【材料 2人分】
・フジッリ※ 140g

・生ハム(細切り) 40g

・グリーンピース 40g

・バター(食塩不使用) 35g

・白ワイン 大さじ2

・生クリーム(乳脂肪分35%) 100cc

・黒こしょう 適量

・仕上げ用グラーナ・パダーノ(粉) 15g

・湯 3リットル

・パスタをゆでるときの塩 25g

・塩ゆで用の塩 湯の重量の0.5%(1リットルの水に対して塩5g)

※フジッリは、らせんの巻きが細かいものを選ぶとソースのしみ込みがよく、おいしい。

グリーンピースをやわらかく塩ゆでに>>

この記事は全3ページです。

あわせて読みたい


美容講座

「家庭画報」本誌

家庭画報イメージ

家庭画報
2017年06月号



食 Restaurant&Food 食の記事をジャンル×場所で探す

家庭画報の旅
村田さん連載

家庭画報編集長 秋山和輝 on Twitter

プレゼント当選者発表
  
食の学校
  
家庭画報アカデミー
  
セブンアカデミー