2017/04/18

「木の芽」の香りで、ゆで豚もおもてなし料理に

Cookbook_Everyday_18 April

昨日に続き、「木の芽」を使ったお料理をもう一品ご紹介します。今日も人気料理人・野﨑洋光さんのレシピで、味噌だれに木の芽の風味をプラス。シンプルにゆで豚と合わせるとごちそう感も出て、春らしい季節のおもてなしにも喜ばれそうです。野﨑さんの著書『「分とく山」の薬味・たれ・塩麹レシピ』より。

「本来、木の芽味噌は色みを生かすために白味噌で作りますが、田舎味噌で作ると味に深みがあっておいしくなります。ぜひお試しください」(野﨑さん)。


ゆで豚とわけぎの木の芽味噌がけ 撮影:髙橋栄一 170418_miso_1.jpg 【材料 2人分】
・豚ばらブロック肉 200g

・わけぎ 4本

・木の芽 20~30枚

■田舎味噌だれ(作りやすい分量)

・信州味噌※ 200g

・卵黄 1個

・酒、みりん 各大さじ1

・砂糖 大さじ6

※粒味噌を使うほうがおいしい。

まず田舎味噌だれを作りましょう>>

この記事は全3ページです。

あわせて読みたい


四季島
テンピュール
この人に会いたい
山口遼ジュエリー連載
フィギュア愛
星野リゾート
和美人百貨店

「家庭画報」本誌

家庭画報イメージ

家庭画報
2017年11月号



食 Restaurant&Food 食の記事をジャンル×場所で探す

今森光彦傘
マイクロコンテンツ
家庭画報の旅
村田さん連載
家庭画報の贈りもの

家庭画報編集長 秋山和輝 on Twitter

プレゼント当選者発表
  
食の学校
  
家庭画報アカデミー
  
セブンアカデミー