2017/04/17

つけだれに春の香りを加えて。鯛の木の芽焼き

Cookbook_Everyday_17 April

木の芽は、ご存じのとおり山椒の若芽。新緑の季節らしいその香りで、料理のあしらいに重宝される素材です。今日は「分とく山」総料理長・野﨑洋光さんのレシピで、つけだれに加えて。旬の鯛とともに季節感たっぷりの焼きものにしましょう。つけだれの配合は、しょうゆ、酒、みりん同量が基本。夏はみょうがや大葉、秋は青柚子の皮や穂じそ、冬は黄柚子やこしょう、といった具合に基本のつけだれに加えると、季節感がぐっと増しますよ。

「今回は1切れ40gの小さな切り身を使ったので15分浸けましたが、80gほどの大きいものなら浸け時間を長く、30分ほどにしましょう。たれがからまっているので、味噌漬け焼きと同じく焦げやすくなっています。弱火で焼いてください」(野﨑さん)。


鯛の木の芽焼き 撮影:三木麻奈 170417_tai_1.jpg 【材料 2~4人分】
・鯛の切り身(40gのもの) 4切れ

・みりん 適量

■木の芽焼きのたれ

・しょうゆ、酒、みりん 各40cc

・木の芽 20枚

木の芽は粗く刻んで、つけだれと合わせます>>

この記事は全2ページです。

あわせて読みたい


和光のバッグ
母の日キャンペーン
インスタ

「家庭画報」本誌

家庭画報イメージ

家庭画報
2017年06月号



食 Restaurant&Food 食の記事をジャンル×場所で探す

一休コラボ
家庭画報の旅
村田さん連載

家庭画報編集長 秋山和輝 on Twitter

プレゼント当選者発表
  
食の学校
  
家庭画報アカデミー
  
セブンアカデミー