• トップ > 
  •  > 
  • レシピ > 
  • パーティのスターターにもぴったり。若鶏のリッチなサラダ

2017/03/19

パーティのスターターにもぴったり。若鶏のリッチなサラダ

Cookbook_Everyday_19 March

本日は、週末の集いやおもてなしの食卓にぴったりの、リッチなサラダをお届けしましょう。ほんのりした苦みとシャキッとした歯ごたえが心地よいアンディーヴ、青かびチーズのゴルゴンゾーラやくるみとはベストマッチの組み合わせ。そこにフェンネルとトマトで爽やかさを、鶏のしっとりしたゆで肉でご馳走感をプラスしました。シャンパン片手の宴の始まり。そんなシチュエーションでいただくのに絶好のサラダです。『VEGETABLE 真中シェフの野菜のおいしい「こつ」レシピ』より。鶏胸肉を、簡単で確実にしっとりゆでる方法も伝授しますよ。


アンディーヴと若鶏のサラダ 撮影:白根正治 170319_salad_1.jpg 【材料 4人分】
・アンディーヴ(チコリ。白、赤) 各1個

・フェンネル 1/4株

・ミニトマト 5個

・くるみ(半割り) 15個分

・ゴルゴンゾーラチーズ 30g

・ハーブ(セルフイユ、ディル) 各適量

・若鶏胸肉(使う1時間ほど前に冷蔵庫から出して室温にする) 1枚

・エキストラ・バージン・オリーブ油 適量

・塩、白こしょう 各適量

■マイルドマヨネーズ(作りやすい分量)

・マヨネーズ 35g

・シェリーヴィネガー 1.5cc

・粒マスタード、生クリーム 各10g

・はちみつ 5g

若鶏胸肉は余熱で火を通し、しっとりと>>

この記事は全2ページです。

あわせて読みたい


四季島
テンピュール
この人に会いたい
山口遼ジュエリー連載
フィギュア愛
星野リゾート
和美人百貨店

「家庭画報」本誌

家庭画報イメージ

家庭画報
2017年10月号



食 Restaurant&Food 食の記事をジャンル×場所で探す

今森光彦傘
マイクロコンテンツ
家庭画報の旅
村田さん連載
家庭画報の贈りもの

家庭画報編集長 秋山和輝 on Twitter

プレゼント当選者発表
  
食の学校
  
家庭画報アカデミー
  
セブンアカデミー